抗生物質について

  • 抗生物質は良くない、という大間違い情報

    抗生物質は食肉や養殖魚に大量に使われています。 人間に使うのは必要だから使うので耐性菌は食肉動物に大量に使っているからなのです 多くの医者もこの事を知りません あの今や悪名高いWHOが食肉の抗生物質大量使用とかホルモン使 […]

    2020.06.12

  • blog

    個別接種を 記事から

    ワクチンは個別接種推奨 記事から 心配な方はあらかじめ電話で予約してください 乳幼児の予防接種は、基本的にかかりつけの小児科クリニックなどでされることがほとんどだ。医師と相談し、接種スケジュールを組み、指定された日時にク […]

    2020.06.04

  • blog

    どこの小児科かいいでしょうか?

    と、保育園健診に向かう車の中で主任保育士さんから質問されました。 遠い地域なので、わたしの所へなどとは言いませんが うーん、とやや返事できるまで数秒かかってしまいましたやっぱりすぐ治るとこがいいでしょ。 今まで誰にも言っ […]

    2020.06.04

  • blog

    院長の本音2 下痢嘔吐症の対処

    嘔吐から下痢症状に進む事の多い急性胃腸炎 原因は ①ウイルス感染ノロ、ロタ、アデノウイルスなど 実は特定出来ない(検査法が無い)ウイルスがはるかに多いのですが保育園や学校の担当者に良く理解されていない傾向が強いので毎回説 […]

    2020.06.04

  • blog

    院長の本音。ワクチンはどこで?

    ワクチンは本音で言えば個別に感染の少ない場で受けることが望ましいでしよう。 大勢の子どもを集めて接種するのが良い方法だと思いますか? よくワクチン接種のあとで熱が出たということで来院されますが、集団の場では感染症ももらい […]

    2020.06.04

  • blog

    ワクチンは大事

    ワクチンに対する誤った情報を信じ、命を脅威にさらしてしまう WHOによると、ワクチンは「病気を回避する、最も費用対効果の高い方法の1つ」という。 しかし近年、自然派育児、ホメオパシーなどを信じる人たちの中で「ワクチン忌避 […]

    2020.06.04

  • blog

    インフルエンザに強い解熱剤は危険です

      インフルエンザでお年寄り7人死亡、二次感染で肺炎球菌などの肺炎ではなくインフルエンザそのものが原因。 でもちょっと待った。 ロキソニンやボルタレンPL顆粒などの強い解熱剤は感染症を重症化します。 熱は出して […]

    2020.06.04

  • blog

    農薬が発達障害に大きく関与している

    米ハーバード大など、有機リン系の農薬を低濃度でも摂取した子どもは注意欠陥・多動性障害(ADHD)になりやすいと17日発行の米小児学会誌に発表。   8~15歳の子ども1139人の尿の成分を分析、親と面接してAD […]

    2020.06.04

  • blog

    抗生物質は食肉に大量に使用されています。

    抗生物質は鳥の飼育他食肉、養殖魚に大量に使われています。 抗生物質の効かない耐性菌はこちらの分野での大量投与によるものです。 必要な時に特に子どもの細菌感染症では抗生物質の治療は早期に開始し 重症な感染症になる前に治療す […]

    2020.06.04

  • blog

    免疫とワクチン

    最近、おたふくかぜや百日ぜきが大人から子どもに感染しています。 一生で一回しかかからないと思われていた病気も、再感染しないと抗体が低下するのです。病原体に対する免疫(抗体)を人為的に獲得させるものがワクチンなのですが、効 […]

    2020.06.04

お問い合わせはお気軽に

あなたの家庭の「かかりつけ医」として
健康をトータルサポート

011-881-1505 011-881-1505

ページトップ